Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

グリーン・エバンス 22.30ct.

      2016/07/31

エバンス ターコイズ
すっかり春です。
信州の春がやっと到来。
先週は玄関ホールを占拠していた観葉植物群を戸外に移動。
今年で22年目を迎えたモンステラは恐らく60kgを優に超える大鉢。腰をかがめてエイヤーと気勢を込めたまでは良かったが、やがて背中から腰にかけて激痛が走り、こと既に遅し。腰を痛めてしまった。
そんなわけでブログの更新ままならず、すっかりご無沙汰してしまいました。
毎年思うことですが、信州の春は豪奢です。晩冬に咲く水仙、春を告げるタンポポ、外来種のチューリップ、そして桜。晩冬から盛春の花々が一斉に花を競います。
ゴールデンウィークの頃には初夏を告げるかのように落葉樹の枝は新緑一色。まあ、雑草抜きも大変ですが.........。
待ち焦がれた春、そして初夏。ターコイズの世界もいよいよ元気を取り戻す季節!!........だと良いのですが。

今日リリースはメキシコの「エバンス・ターコイズ」。それも極上のエバンスです。
とは言ってもほとんど知られることのない鉱山です。
エバンス ターコイズエバンス ターコイズ場所はメキシコ中部、エル・ロザリオ東部のBaja Californiaという高原地帯にあるようです。
ターコイズに関する名著「TURQUOISE The World Story of a Fascinating Gemstone」でも76ページにわずかな記載がある程度。

アメリカの数少ない業者に原石の取り扱いがあるようですが、単に青いだけのスリーピングの屑石にも等しい低グレードばかり。先述の書籍にあるような美しいタイプを探し出すことは絶望的でした。もちろん日本では現物はほとんど知られていないようです。
ぼく自身、エバンス原石との出会いは偶然そのものでした。
昨年秋、カリフォルニア在住のコレクターからメールを頂き、彼がまだ若かった頃入手したという約70点の原石を譲り受けた中の8個がエバンスだった。次の写真が手元に残っているラフカットしたエバンス原石のすべてです。
エバンス鉱山は現在採掘されているか否か、といった情報は現時点では得られていません。エバンス ターコイズちょっと目にはキングス・マナッサのようなロイストンのような、そしてまた世界的に高騰が続いているカリコ・レイクのような雰囲気が漂ってはいます、が、全く異なった色、そして石質です。
一言で言ってしまうと「硬く美しい」。今日ご紹介の1点目、厚みはわずか3.2mm。それでも強度は十分すぎるほどです。エバンス ターコイズエバンス ターコイズ幅22.50mm、長さ41.10mm。かなり大ぶりです。
通常このサイズになると厚みは少なくとも8mm以上、バッキングをした場合70カラット前後になってしまいます。
現状ではコレクターズアイテムと言うことを重視してのソリッド仕上げです。バッキングが必要でしたら無料でバッキング加工をしますので、希望の厚みをご連絡下さい。

さていざリリースということになると困った問題が...........。内外共に現物の流通例が見当たらず、価格の付けようがない。ということで、ネバダ在住のターコイズの大御所に意見を聞くことにしました。
「レア度は極めて高いが、イサカとカンデラリアの中間、まあ、アパッチのハイグレードとほぼ同じくらいでは」
ということを踏まえ、さらに入手価格を基に算出したリリース価格、ということになりました。
レアで上質、この美しさ。コレクターの方、そしてまたレアターコイズを所有なさりたいというディープなターコイズファンの方へ、お薦めしたいと思います。
商品No.:TQ120418A
商品名:ナチュラル エバンス ターコイズ 22.30ct.
サイズ:幅 22.50mm、長さ 41.10mm、厚み3.20mm(ソリッド)
Lapidarist (Stone Cutter) : Akira Obata
カラット数;22.30カラット


ナチュラル エバンス ターコイズ 22.30ct.は完売しました。
ありがとうございました。

 

 - エバンス