Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

2plus1 リニューアル(更新)

      2016/11/05

2plus1website-renewal-01

デザインの刷新

10月1日、2plus1ウェブサイト18年目を迎え,リニューアル公開の予定でした。

夏前にベースとなる構造がほぼ出来上がり約3ヶ月間運営してきましたが、ウェブサイトとしての完成度は決して満足できるものではありませんでした。

そこで今年2回目のサイトリニューアルに着手。1ヶ月遅れで公開へ漕ぎ着けることができました。

 

レイアウトはこれまでの2カラムから1カラムへ刷新。サイト内に盛り込む要素(=メニュー)も再検討しました。

デザイン的にはサイトコンセプトを明確にし、ページ内の無駄な要素を排除、情報の重要度に応じた面積の配分、フォントの選択、全体のカラーテーマ、イメージ画像の彩度調整、各ページごとの画像面積、画像と画像との配置など細部の作り込みに徹し、シンプル性を優先しました。

 

次の画像が11月1日20:00時点でのフルイメージです。

これまでのデザインとの大きな変更点はサイトナビゲーションを一番上に配置したことです。 左から

  1. ホームロゴ
  2. Works - カタログからの変更
  3. Gallery-これまでの仕事の流れを約500点の写真でまとめようと作業が進んでいます。
  4. About me(編集中)
  5. ?Info(一部編集中)
  6. Blog
  7. Contact
  8. サイト内検索
  9. カート内容

と並んでます。

これまでのリリース予告はトップページから?Infoに移動しました。

サイト内検索が十分に機能しませんでしたが、今回改善しました。

ナビゲーションメニュー下の画像がコンセプトイメージ、次いでカタログという名称を廃止しWorksに

Worksの下に新設したGallery(フォトギャラリーページ)の更新情報を新設。 アーカイブのアップ完了まで約3ヶ月を要する予定です。

Galleryの下にブログTwilightの更新情報も新設しました。

2plus1ウェブサイトのリニューアル-スクリーンショット

フル レスポンシブ

以前はPCでのアクセスがほとんどでしたが、ここ数年、モバイル、タブレットからのアクセス比率が高まってきました。特に今春を境にして、スマホユーザーのアクセスが激増、最近はPC約40%、スマホ約45%、タブレット約15%です。

 

このブログはすでにフルレシポンシブ対応を完了していますが、ウェブサイトの方はスマホ表示のデザイン性に不満があり、今回のリニューアルはタブレット、スマホ対応に力を注ぎました。

 

デザイン性もさることながら、最も重要なのは高画質性を損なうことなく表示スピードを速くすることです。今回のリニューアルでPC、タブレット、スマホすべてのデバイス上での表示時間は半分以下に短縮されていることと思います。

 

次の画像がスマホでの表示例です。

mobile_00

Rustic Jewelry

今日のブログではもう一点、大切なことをお伝えしようと思います。 それはブレスレットなどのAquilaxシリーズについてです。

 

2+1BeadsWebは1999年10月、ビーズサイトとして誕生しました。アンティークやビンテージビーズをメインに、世界各国から収集したビーズの日本での展開が主な業務でした。 ガラス、樹脂から天然石へ。その流れの中で質の高い天然石へとシフトしながら、ストーンカッターとしての役割を担ってきたというのが約20年間の流れです。

 

パーツサプライヤーとしての役割とは異なったステージで石、ビーズ、金属、木、皮革を融合した仕事、そのすべてのパーツを自作し、進めてきた具体的なカタチがAquilaxというシリーズです。

Aquilaxのコンセプトは完成度の高い自作パーツを組み合わせた「Rustic(=素朴な、飾りのない) Jewelry」。 素材が持つ力強い美しさ、シャビーシック(=shabby chic)なナチュラル感をテーマに制作しています。

今回のリニューアルは今後進めていく仕事の方向性を明確にお伝えしたいという願いを込めての作業でもあったわけです。

 

 - コラム