Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

Aquilax Glass Holder #031 & #32

      2016/12/05

tw161102-005

ハンマーで叩いても容易に割れない強靭な木

このグラスホルダーのコア部分に使用した木材、リグナムバイタはこれまでにも何度となく触れてきました。

通常、この木材は木工という範疇で捉えると加工が困難なことから

「個人レベルの工作でその特性を活かしたものが作れるか、原価に見合った価値を作り出せるかはやや疑問かもしれません。」

出典元:MADE IN DOVECOTE - Lignum Vitae

といった指摘さえ見られる、木材のいわば異端児です。

 

この素材、随分以前に特異な木材を専門に扱う業者から在庫全てを譲り受けたもの。もっとも一枚一枚は葉書程度のサイズ、厚さも2cmほど、そんな端材が12枚。初めて手にした時には、その重さに驚きました。

しかも『Aquilax#46 -『石のハーモニー』素材を楽しむブレスレット』でご紹介した写真のように製材されたこの木は黒々とした荒々しい印象の木材です。 ignum-vitae01

そのほとんどはオーディオスピーカーやピアノのインシュレータに加工、硬く緻密なことと極めて堅牢で高い耐久性を持っていることから、音の輪郭が明確になるなど、音響機器への応用には可能性が高いことを実感しました。

 

精密加工に適した素材

この木は本来明るい色調の木材です。ところが時間の経過と共に黒味を帯びた深い褐色に変化する。色の濃度は光線によって変化するということらしい。確かに私の手元にある材料も、色は変化しきている。

 

加工が難しいとは言っても、私は木工作家ではないので石をカット研磨する手法でこの木材に挑んでます。

ダイヤモンドカッターで切断し、同じくダイヤモンドホイールで磨き込む。石を加工するのとなんら変わることのない工程で仕上げていきます。

 

外形はそれでも良いのですが、そこに空洞、穴を穿つとなるとやはり大変です。ビットの刃先が木に食い込み、かなり危険な経験もしてきた。石よりもはるかに厄介、というのが実感です。

 

材質が緻密で硬いというのは、ある意味で精密な加工品が作れるわけで、このような形状、日常使う小物にはうってつけではないかと考えています。木材商の方から伺った話では直径数ミリに削っても、容易に割れたり折れたりといったことはないそうです。

 

汎用性の高いサイズと形状

この適度な重量感、市販の樹脂でできたメガネホルダーのように胸元でやたら大きく揺れることもなく、自転車で移動中、メガネを落とすこともなく重宝この上ないツールです。

メガネ専門店の方の意見や、手元にある眼鏡やサングラスのサイズを測り、市販のグラスホルダーのサイズや形状などを計測した結果、この形とサイズに落ち着きました。よほど特殊な形状でない限り、通常の眼鏡、サングラスは問題なくホールドします。

 

今回は2種類のグラスホルダーを作りました。

1点目はどちらかといえばメンズ仕様。

2点目は男女を問いません。

 

Aquilax – Glass Holder #031

tw161102 tw161102-002 tw161102-003 tw161102-004
  1. コア部分:リグナムバイタ(生命の木)
  2. トップ金具:999シルバー叩き締め燻し、真鍮叩き締め燻し
  3. クラスプ金具:999シルバー叩き締め燻し
  4. ダークブラウン4mm シュリンクレザー 長さ61cm
  5. 先端部の重さ13グラム

 

Aquilax-Glass Holder #031 Workページ - 完売しました。

 

Aquilax – Glass Holder #032

tw161103 tw161103-002 tw161103-003 tw161103-004 tw161103-005
  1. コア部分:リグナムバイタ(生命の木)
  2. トップ金具:999シルバー光沢ジュエリー仕上げ
  3. クラスプ金具:カニカンクラスプ:925シルバー
  4. エンド金具:真鍮 – 925シルバーメッキ
  5. チョコ&ブラウンのバイカラー3mm 牛光沢レザー/li>
  6. 長さ60cm(最大65cmアジャスター付属)
  7. 先端部の重さ6グラム

 

Aquilax-Glass Holder #032 Workページ - 完売しました。

 

 

 - Aquilax