Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

Aquilax Glass Holder #034

   

tw161204

粘り強い木材-ブライヤー

グラスホルダー#033で採用したブライヤー、今回で2点目になります。

この木材、というより根っこ。根っこに出来たコブが素材ですが、長い年月をかけて形成されたコブは、木材という範疇から逸脱し、すくすくと成長する樹上の生ともかけ離れ、ひたすら土の中で凝縮し濃密な時の流れを重ねてきた鈍重な生命力を宿している。動物に例えるならば我慢強い牛、といったところか。

 

ブライヤー、花梨、ゴールドフィルド・バールなどの根瘤、土中に数百年、あるいは数千年という夢のような時間を過ごし、もはや植物なのか化石なのかその住処が定かでないボグオーク、リグナムバイタなど、異形の素材から感じるのは、どことなく鉱物に似通った頑固さ、強靭さ、粘り強さといったやっかいな性質を秘めているように思えてならない。そんな奇妙な感慨を抱くのは私くらいのものだろうか。

確かに木材には多種多様な樹種が存在する。私の場合、その多様な種類の中から杢目が美しく、粘りがあって、精密な加工、金属加工にも近しい精度を満たすものを探し求めている。

ブログ内参照記事「素材との出会い

専門家ではないのであるいは誤った認識かもしれませんが、根瘤と樹木の幹にできる瘤とは共に魑魅魍魎を宿したような姿形だが、地上部と土中とでは、それぞれの生成過程や存在意義は異なっているのではないかとも考えています。

 

黄金色の葉を落とした銀杏の大木、神社の境内などで見かける樹齢数百年といった大木、周囲数メートルから十メートルを超える樹幹に大きな瘤や大地に向かう気根を見ることがあります。

それらは傷や折れた枝から害虫、菌、バクテリアなどの侵入を防ぐための自浄作用の産物だそうです。しかし根瘤については今後調べてみないとなんとも言えません。言えませんが、樹種により異類異形な根瘤、奇妙な外見からは想像できない杢目の美しさ。生命力の塊とも思える材質の強靭さ、これは実際に加工して初めて実感できる素材が持つ可能性だと思います。

今年もあとわずか

すっかり秋も深まり、晴れた日の空は高く澄んでます。

カレンダーを見るまでもなく、ディスプレー右上には休むことなく分秒を告げる電子時計が、おい今日は12月5日、今年もあと26日だぞ、といった如何にも脅迫じみた時を告げています。

1年がこれほど早かっただろうか? 知らぬ間に時間は短縮されているのではないだろうか? そんな疑念さえ浮かぶのも、これ歳のせいでしょう。

 

子供の頃のあの長い長い夏休みを思うと、どうしても同じ24時間を生きているとは信じがたい。誰しもこうして年老いていくのでしょうか?まして自営業なんぞ続けていると、年の瀬ばかりか月々の月末が早いこと。なんやら、気がつくと月末、そして年末。

 

自らの意の赴くままに興味ある素材を探し出し、素材のコードを解読し、加工し、日々を紡いでいく。そんな時間の流れの中で自らの足跡を確認しながら作物を生み出していく。根瘤のように粘り強く生き抜いていこうと思うわけです。

 

ブライアン+シャンパンゴールド+スギライト

閑話休題、今日のグラスホルダー、これまでは金属パーツを介して革紐やチェーンとの連結を図ってきましたが、今回は金属パーツの役割をコアの木材に担ってもらうことにしました。つまり一体化です。

tw161204-002

幾つかの試作を経てこの形に落ち着きました。

当初は思いっきり捻ったフォルムを想定してましたが、ブライヤーの場合、結構うるさくなってしまう。つまりゴシック的だったり、まるでビクトリアン家具の一部であったり、そんな重い印象になってしまうので、このシンプルなデザインにしました。ビクトリアンやゴシック的な曲線を採用するにはボグオークが適しているように思われます。

tw161204-004

革紐はこれまでの黒と同様、山羊革ステッチ ソフトコードの直径5.2mm。色はメタリックな風合いのシャンパンゴールド。

このメーカーのソフトコードは縫い糸と縫い目がしっかりしていて、プロダクトとして信頼性の高い素材だと感じてます。難点は小売用の供給量が少なく、他の色も欲しいのですが、2〜3ヶ月は待たされるようです。

手触り、肌触りは申し分なく、癖がついても復元力があり、自然なカーブを描いてくれます。

tw161204-005

エンド部分もまたシンプルに徹しました。

先端にジェムグレードのスギライトを配し、アクセントにしました。

tw161204-003

Aquilax-Glass Holder #034 Workページへ

 

 

 - Aquilax