Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

インスピレーション鉱山 ジェムシリカ クリソコラ 2.65ct.

      2016/12/30

ジェムシリカクリソコラ

今年最後のリリースです

インスピレーション鉱山産のナチュラル2.65カラット

昨夜のブログで「3.60カラット前後で完成予定」と書きました。ところがダイヤモンドで磨き始めて小さな亀裂を発見。

しかしその部分だけを磨き落とすというわけにはいきません。そこだけが凹んでしまい、全体のフォルム、バランスが壊れてしまいます。

工程を戻し、中磨きから亀裂部分を磨き落とし、全体の形を取り直し・・・。カットし直しと言ったほうが早い、というよりもカットをし直す、という気持ちの切り替えをする必要があります。

 

そのような作業は、必然的により慎重にならざるを得ません。お預かりした石の再カットに似た思いです。 (以前は頻繁に持込石の再カットを承っておりましたが、現在は行っておりません。)

 

一度、完成、と判断していながら、よく見たら小さな亀裂。規模的には1ミリの数分の一ですが、ダイヤで磨くとそれは気になる、いやそれは許し難い大きな存在です。

しかししかしです、亀裂は必ずしも浅いとは限りません。想像以上に石の深部に達していたとしたら、完成は撤廃。ルースとして成立しなくなる。つまり没になる可能性も捨てきれない。

 

光を透過する石なのに、外側から判別できなかったのか?普通はそのように思われるでしょう。しかしそうでもない。最近はLEDのかなり強力なピンポイント・ライトで半透明の石内部を事前に観察することも可能になりました。がしかし、それでも捉えきれない微細な内包物や亀裂。それらはこの仕事をする上で、ごく日常的に出くわす場面です。

 

幸い今日はラッキーでした。3.60カラットが2.65カラットに目減りしましたが、ルースとしての完成は無事果たすことができたわけですから。 むしろ3.60カラットで完成予定の時より、結果的には理想に近いジェムシリカが誕生したのではないかと思います。

 

最後の写真、9月にリリースした『インスピレーション鉱山 ジェムシリカ クリソコラ 8.45ct.』と一緒に、掌に載せて撮影しました。これはお客様からのご要望です。同じ原石からカット研磨したものです。こうして見ると光を透過する半透明性の石の場合、サイズ、形によって、微妙にニュアンスが異なることがよく判ります。

この石では大きなサイズの場合、最上級の翡翠にも似てグリーンの濃度は高く、今日の小さなサイズでは心なしかやや淡く見えます。

仕上げ磨きが午後にずれ込んだ関係から、撮影は午後3時前後、晴れというより薄曇り。東側の窓際、カーテン越しの光で撮影。良く晴れた日であれば、大気の青が溶け込み、全体にもう少し青みがかった緑、と言った印象になります。

 

 

AAAジェムグレード

1960年代に廃坑となったアリゾナ州グローブのインスピレーション鉱山産の美しく希少なナチュラル ジェムシリカ クリソコラ。

明るく半透明なミントグリーンは微妙に螢光するブルーを含み、光が透過するとジェードグリーンに見えます。

 

ジェムシリカのトップブランド「インスピレーション」、その中でも非常に希少なカラーと内包物や傷、染みの見られない極上の品。

半透明な石の特性を生かしたドームカットです。

海外の平均的相場からカラット単価を設定、原石からカット研磨することにより可能な価格です。

インスピレーション鉱山のジェムシリカ クリソコラ、キラキラ、ピカピカを排し、日本人的な感覚で磨き上げた仕事です。

 

今年一年を締めくくる仕事。終わりよければ全て良し。納得できる私の一年でした。

 

一年間、ほんとうにお世話になりました。

来年もコツコツと取り組んでいこうと思います。

よろしくお願いいたします。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

 

インスピレーション鉱山 ジェムシリカ クリソコラ 2.65ct. Workページへ - 完売しました。

 

 - ジェムシリカ クリソコラ