Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

ロイストン 38.65ct.

      2017/03/21

ターコイズ トルコ石 ロイストン Turquoise Royston Akira Obata 2+1 2plus1beadsweb

爽やかな秋日和です。 雑然とした風情の無い我が家の庭ですが、秋明菊が今を盛りとして咲きこぼれています。脇には去年植えた萩が一気に巨大化、暑かった夏と異常に多かった雨量のせいでしょう。

 

昨日は夕刻からブログの管理サーバーへの接続にトラブルが発生、何度かチャレンジしてみましたが、駄目でした。

今日はすっかり復帰したようで、昨夜の混乱が嘘のように快調です。

 

26日リリースのランダーブルー2石、開設間もないこのブログにしては予想外の早さで即日完売。新しいお客様と、古くからお世話になっているお得意様の手元にそれぞれ嫁入りが決まりました。あとはジュエリーに仕立てるための打ち合わせです。

2.20カラットは片耳ムービングピアスに、4.15カラットの方はメンズ・リングへと変身する予定です。

 

今日はロイストンです。 端的に申し上げると、ロイストン、これは侮れない鉱山です。 ロケーションはネバダ州、近くには美しいロビンズエッグブルーの石を産出していたイースターブルー鉱山、さらにパイロットマウンテン鉱山などがあります。

 

ロイストンはオスカーウェレンド鉱山、バンカーヒル鉱山、そしてメインのロイヤルブルー鉱山。ロイストンという名称はこれら3つの鉱山の総称となっています。 最大の特徴は淡いパステルブルーから鮮やかなスカイブルー、ビビッドなグリーンから渋いサップグリーンまで、カラーレンジがとにかく広いことです。

産出量は多くはありませんが質の高い石は滅茶苦茶綺麗です。

青系にしても緑系にしても茶系の模様が全体を引き締め、ひとつひとつが個性豊か、他のターコイズには無い独自の雰囲気を持っています。

 

リリースのロイストン38.65カラットは恐らくバンカーヒルから出た石だと思います。バンカーヒルは美しい緑色の石を多く産出して来ました。際立っているのはこの緑だけでなく石質も緻密です。

一般に硬度が低いとされているロイストンですが、今日のグリーンはかなり硬目、極上のロイストンです。

 

良く言われることですが、ロイストンは水に弱い。本当にそうでしょうか。

確かにカット中に割れてしまう脆弱な石も多く経験して来ました。しかし今回のロイストンはバッキングなど不要と思えるほど堅牢で、カッティング・マシンの水にもビクともしませんでした。磨けば磨くほど、面白いように色の純度が冴えてくる。

とは言っても、海水や化粧品のアルコール、汗などはやはり避けてください。これはターコイズというよりほとんど全ての宝石に共通して言えることです。

 

本題の前に今日はターコイズのグレーディングについて、簡単にお話しようと思います。

ターコイズの生命は第一に石としての硬度があること。これはグレーディングの第一条件です。 十分な硬度を持ち、石質が緻密、高品質な天然ターコイズには半透明とも思える艶やかな艶が生まれます。

色やマトリックスの状態、全体のバランスなどもグレーディングに不可欠な条件です。 特に色は重要。日中の自然光下で美しくなければなりません。

 

いわばここまでが高品質(ハイグレード)ターコイズ。これは全体の約1%程度。 さらにそれぞれの石がその鉱山の特質を十分備えていることも重視しています。

 

どこの鉱山だか良く解らない、というのは好きになれません。

 

次は私見の領域ですが、石の品格もまた私にとって重要です。 やはり良い物はそれなりの品格を備えている。下品はよろしくない。かといって上品ならそれで良い、といった問題でもありません。審美眼が問われます。

 

ここまでの条件をすべてクリアして初めて最上質(トップグレード)だと考えています。ここまで来れるのは採掘量全体の0.1%以下。

 

前回リリースのランダーブルーといった高価な石の場合は、さらにその履歴(どのような流れで、誰から出た物か)も大切です。

以上のように様々な条件をクリアしたものが、私がカットしているターコイズです。 グレーディング入門編でした。

 

さて今回のロイストン、実は数週間前にひとまず作業を終え、ペンディング状態でした。 下がその時の写真です。

royston turquoise

そして最終的に決まったのが以下の写真です。

茶色部分をバッサリとカット。さらに全面再カットして緑の濁りを取り除きました。 茶色いマトリックス部分をどこまで美しく磨き出せるか、緑色をさらに美しく出したい。それが再カットの目的でした。

ターコイズ トルコ石 ロイストン Turquoise Royston Akira Obata 2+1 2plus1beadsweb ターコイズ トルコ石 ロイストン Turquoise Royston Akira Obata 2+1 2plus1beadsweb

ネバダ産のターコイズですが、私はこれに日本的な美意識を持ち込みたい、そうも考えていました。

幅21mm、長さ28mm、厚み7.7mm、サイズはやや大振りです。ペンダントというより、ループタイあるいは帯留めなどにお使い頂きたい、そのように考えています。

 

ロイストン、数年前と比較して、じわじわと値が上がっているようです。それでもローン Mt.やビスビー、#8などと比べるとかなりお値打ちです。

ここまで高品質なロイストン、グレーディングは折り紙付きの「ハイグレード」。サイズも十分です。なかなか目にする機会はないのではないでしょうか。

この石の場合、ジュエリーになさるのでしたら、シルバーでもホワイトゴールドでも、プラチナでもないでしょう。これは18kイエローゴールドが美しさをさらに引き立てます。 ご検討下さい。

 

3枚の写真を追加します。拡大画像では緑の美しさ、マトリックスとのバランス、そして究極の研磨面をご確認下さい。 ターコイズ トルコ石 ロイストン Turquoise Royston Akira Obata 2+1 2plus1beadsweb ターコイズ トルコ石 ロイストン Turquoise Royston Akira Obata 2+1 2plus1beadsweb ターコイズ トルコ石 ロイストン Turquoise Royston Akira Obata 2+1 2plus1beadsweb

 

商品No.:TQ110929A

商品名:ハイグレード、ロイストン 38.65ct.

サイズ:幅 20.88mm、長さ 28.25mm、厚み7.67mm(内バッキングの厚み約1.0mm)

カラット数;38.65カラット

この商品は完売しました。ありがとうございました。

 

 - ロイストン