Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

Ed Sheeran-today's push

      2016/05/24

Ed Sheeran-todays push



透明感に満ちた歌声。きっと生まれながらのシンガーとしての素質に恵まれていたに違いない。
それはアコースティック・ギターから紡ぎ出されるナチュラルなサウンドを得て、芳醇で美しく心癒される時間をぼくたちにプレゼントしてくれるだけでなく、生きることのへの希望と素晴らしさを教えてくれる。

Ed Sheeran(エド・シーラン)、イングランド東部のサフォークで1991年に生まれた彼は現在23歳。
音楽との出会いは叔父さんからプレゼントされた1本のギター、7歳の時だったという。
11歳の時、反捕鯨派としても知られているアイルランドのフォークシンガーDamien Rice(ダミアン・ライス)と出会い、作曲を始めた。この出会いによって音楽に思想性をフィーチャーすることの必要性を感じたのではないだろうか。現在のEd Sheeranを生み出す決定的な契機になった。

16歳でロンドンに転居。ここからがEd Sheeranの壮絶な日々が開始される。
なにが凄いかというと、昼間はスタジオ、夜はライブ、これが連日連夜、休み無く繰り返された。
自主制作のCDをライブ会場で手売りしながら次のライブ資金を稼ぐ。一晩で3ステージも珍しいことではなかったと彼は語っている。「初めはまったく興味を持ってもらえなかったよ」。

現場での経験を通して勝ち得たもの。それは「次は、つまり明日はどうやったら注目してもらえるか」。

EP5枚,アルバム2枚,ライヴ・アルバム1枚をリリース。2009 年には年間312回ものライブを行ったという。理由は「以前目にしたJames Morrisonの年間200回という記録を破りたかったから(!!)」だと彼は語っている。

2011年1月、5枚目のEP『ナンバー5・コラボレーションズ』を自主リリース。シンガー・ソングライターであるエドと、イギリス・ヒップ・ヒップ界のデヴリン、レッチ32、ドット・ロッテン、Pマネー、JME、ワイリーらとのユニークなコラボレーションということで注目を集め、リリース後24時間でiTunesアルバム・チャート2位を記録。
エルトン・ジョンが携帯に電話をくれて、成功を祝してくれた時、エドはやっと状況を把握した。

2011年1月にメジャーレーベルAtlantic傘下のアサイラムと契約。
メジャー・デビュー・シングル「The A Team」が全英シングルチャート3位で初登。「The A Team」のオフィシャル・ミュージック・ビデオはYouTubeで現在8100万ビューを突破、1日平均10万ビューを数えている。
2013年公開された映画『ホビット 竜に奪われた王国』のエンド・クレジットに『I See Fire(英語版)』が使用されたのは記憶に新しい。

今日5月24日(土)はグラスゴーのGlasgow Greenで開催される『Radio 1's Big Weekend 2014』
明日25日にはポルトガル リスボンのParque da Bela Vista で『Rock in Rio Lisboa 2014』
6月7日オランダMegaland 『Pinkpop 2014』
6月14日New York Hammerstein Ballroom
6月16日Los Angeles Hollywood Bowl
6月20日から11月15日ドイツ、シュトゥットガルト『Porsche-Arena 』まで間にカナダ、アメリカを挟んでの全ヨーロッパツアーなど目白押しだ。
今年夏に日本公演、といった情報も一部に流れていたようだが、そのようなスケジュールは確認できない。
---------------------------

 - 音楽/美術/映像