Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

メラネシア シーアンバー(TM) ブラック 72.64cts.

      2016/06/16

メラネシア シーアンバー(TM) ブラック 72.64cts.

メラネシアは琥珀の宝庫

メラネシアは琥珀の宝庫。

この黒琥珀に出会って実感したことです。

今回、入手した漂着琥珀は9点。全てに着手したわけではありませんが、一見して一つ一つが異なった特徴を持っているように思えます。
それぞれの原石を観察してみると、深い赤が多いようです。
天然のレッドアンバーが非常に希少なことは言うまでもありませんが、メラネシアから届く原石の約半分が濃い赤系。他にも半透明あるいは高い透明度のレモンイエロー、先般リリースしたバイカラー系などと実に多彩です。

 

今日リリースのブラック72.64カラット。原石はその約5倍、漂着琥珀としてはかなり大きな部類です。
波に洗われた表面が異彩を放っています。このように特異な原石を手にしたのはこれが初めてです。

メラネシア シーアンバー(TM) ブラックアンバー 原石メラネシア シーアンバー(TM) ブラックアンバー 原石漆黒のように黒光りした部分、そこに半透明のレッドともオレンジとも見える別の要素が融着しています。
カット段階でこれをどのように扱うべきか、仔細に観察して判ったこと、それは両方の要素を活かすことは避けるべきだろうということでした。


この原石の場合、原石の深部に達した時、異なった組織はその境界面から破断してしまう。
であるなら、希少性の高い「黒琥珀」を活かすべきだというのが結論でした。

 

一般に琥珀の黒い要素は炭化物質であることがこれまでの経験で分かっています。炭化物質が含まれている琥珀というのは、カット研磨の行程で、冷却水が真っ黒く汚れます。指先や爪も真っ黒く、というより染まってしまう。この染みは簡単には落ちない厄介な代物です。


ところがこの原石はそうではない。
表層でさえカットしていても微かに黄土色が混ざった白っぽい琥珀粉しか出てこない。深部に至ってはほぼ白い粉。これは原石の純度の高さを意味しています。

 

この原石を宝石鑑別用のライトで照らしたのが次の写真。
蛍光発光性であることはあきらかですが、最終的にどのように蛍光発光するかは行程を進めてみないと判定できません。メラネシア 黒琥珀原石この原石の全容をショート・ビデオにまとめてみました。ご覧ください。

 

2分47秒の間に、ひとつの琥珀が持っている多彩な姿を凝縮しました。


地球上の陸地や海底には様々な琥珀が眠っています。それらはそれぞれの加工方法によってカットされ磨かれています。専門店の店先やネット上でも多彩な琥珀を目にすることができますが、このような天然の黒琥珀を目にすることは生涯そうあるものでは無いのではないでしょうか。


私自身、これは初めて経験できたことでした。
当初、その希少性から2点あるいは3点に分割するべきかとも考えましたが、大きな原石自体、価値性も高く、基本的には1原石1作主義ということもあり、コレクターズ・カットとしてリリースすることにしました。大変高価なものになりましたが、今後もメラネシア琥珀の買い付けは可能な限り継続する予定です。きっと手頃なサイズの黒琥珀に出会える時も来るのではないかと思います。

メラネシア 黒琥珀原石メラネシア 黒琥珀原石メラネシア 黒琥珀原石メラネシア 黒琥珀原石メラネシア 黒琥珀原石メラネシア 黒琥珀原石商品No.:TW151008
商品名:メラネシア シーアンバー(TM) ブラック 72.64cts.
原産地:南太平洋メラネシア海域の海岸地帯(漂着琥珀)
加工国:日本
処 理:なし(100%ナチュラル)
サイズ: 長さ63.03 x 幅37.42 x厚み11.51mm
重さ:72.64ct.
cabbing : Aquilax.O
超精密鏡面研磨仕上げ
この商品は完売しました。ありがとうございました。

 - メラネシアの琥珀