Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

黒い丘 ( Black Hills Turquoise )

      2016/08/21

黒い丘( Black Hills ) のターコイズ ---Bigest imege 4K

ブラックヒルズ ターコイズ、ようやく知られ始めてきたようです

先日、アメリカからのメールで
「black hillsがとうとう22ドルになったゼっっっっ!!」
といった情報が届いた。
下の画像( screen shot-2016/01/23 get)がその「3.5ct. Rare Black Hills $22 per ct.」の掲載ページ。ターコイズファンならきっとご存知のネバダのターコイズディーラーさんのウェブサイト。掲載されたのは看板ページの「コレクターズコーナー1ページ目」。

この情報、私とっては朗報である。
というのはBlack Hills Turquoiseとの付き合いは今年で12年ほどになる。思えば長い付き合いだった。
この石はきっと価値が出る。そう思い、現在まで最初の写真にあるように数十石をストックしてきた。きっと出番があるに違いない、そう思い続けながら、このターコイズの魅力を少しでも知っていただきたいと願い、何度かに渡って少しづつですがリリースを続けてきた。そんな思い出の詰まったターコイズでもある。
次のムービーは最初期にリリースした時の記録。



オススメのタイト・ウェブ ターコイズ

このムービーの2011年11月4日「ブラックヒルズ 3点セット16.30ct.」で 「以前、そう、かれこれ7年ほど前になると思います。神奈川県の三浦市にいた頃、何点かリリースした事がありました。」

とあるので、確かに今年で12年目ということになります。
さらに同じ記事の中で、
「将来、価値の出るターコイズだと確信しています。」
なんてことまで申し述べてオリマス。
大した自信ですが、そう信じてたことは事実です。

閉山したネバダの小さな鉱山

なにしろアメリカのターコイズファンでさえ見逃しがちな小さな小さな鉱山、しかも産出量はごく僅か。取り扱っていた業者もごく一握り。日本国内でもこれまで目にした業者は五指にも満たない、といったレアなターコイズ。
特徴はこの細かく密集したスパイダーウェブ。この鉱山では大きな石は出なかったようで、ことごとくが指先ほど、あるいは指先にも満たない小さなものばかりです。もちろんとうの昔に鉱山は閉山してます。まとまった数を手にしている業者は少ないのではないかと思います。

ネバダ州ブラックヒルズターコイズ、まだ値が上がる気配ですが、カラット22ドル!! このあたりが妥当な線だと私は思います。写真の27石から上質なものだけを選別し、リポリッシュをした上で順次リリースいたします。最後のリリースになります。ぜひご期待ください。

ちなみに12年前、手持ちのブラックヒルズの大半をお譲りいただいたネバダのディーラーさん、そう、先ほど掲載したウェブサイトのオーナーですが、日本の青森県三沢で生まれ、幼い頃はそこで育った大の日本贔屓。
ランダーブルー、キャンデラリア、ローンmtn.、レッドmtn.、モレンシ、ビスビーなどなど、ネバダ、アリゾナ両州の主だった鉱山の上質な石を長年にわたって紹介し続けてきたターコイズ業界の老舗業者さん、半世紀以上に及ぶアメリカン・ターコイズ一筋の人生、いくつかの鉱山オーナーでもある方です。

 

※筆者と記事内に引用したすべての業者、個人に、一切の利害関係はありません。

 

 

 - ブラックヒルズ