Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

バンカーヒル ナチュラル・ターコイズ 10.90カラット

      2016/07/11

バンカーヒル ナチュラル・ターコイズ 10.90カラット先ほど触れたロイストン・エリア、バンカーヒル ナチュラル・ターコイズ10.90カラットです。

余談ですが、天然石、特にターコイズや琥珀は撮影が難しい、と感じているのは私だけでしょうか?
使用機材はCanon Eos 5DIIに180mm f3.5マクロですが、どうもブルー系がうまく乗らない。ブルーとグリーンとの微妙なグラデの場合、どうしてもグリーンが際立ってしまう・・・。
ホワイトバランス調整が甘いのかな、と思って微調整したりもするんですが、なかなかうまくいかない。これまで10年以上、素人の悲しさをつくづく思い知らされてきました。

と、そこで、カメラにインストールされている撮影メニューのピクチャースタイルを全くのニュートラル設定にしてみました。シャープネス=0、コントラスト=0、色の濃さ=0、色合い=0。
標準設定ではスタンダード、ポートレート、風景、モノクロ、ユーザー設定など、被写体によってそれぞれの数値が割り振られています。これまではスタンダードがきっと良いのだろうとの先入観を頼りに撮影してました。今日のオール0=ニュートラルで撮影というのは初めてのことです。
するとどうでしょう、以前ご紹介した撮影用5500ケルビンのランプに照らされた石の色そのものが「そのまま」データとして記録されました。やってみるもんです。

 - コレクターズ ターコイズ