Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

ナチュラル ジャワブルー アンバー 11.15ct.

      2016/06/30

ジャワ島 ジャワブルー アンバー 11.15ct.ジャワブルーはこれまでにもいくつかカットしてきました。あえて「ブルー」と名付けられているとおり、鮮明な青い発光力を持つ、アジアの希少な琥珀です。
この原石は数十年前あるいはさらに遡った時代、インドネシアのジャワ島で採掘されたもの。
ジャワブルー以外にも、インドネシア各島ではここ数年、盛んにアンバーが採掘されています。ごく数年前までは誰一人として見向きもしなかった、というより知られてもいなかった琥珀のアウトサイダー的存在でしたが・・・。

現在では原石にしろカット石にしろ、品質さえ問わなければ簡単に入手できます。それもかなりリーズナブルに。

現在、各島で採掘されているインドネシア・アンバーについて改めて触れません。それはこのブログの過去記事を遡っていただければ十分に理解されることと思います。
ジャワ島 ジャワブルー アンバー 11.15ct.ジャワ島 ジャワブルー アンバー 11.15ct.能書きはさておき、このジャワブルー11.15カラット、ご覧の通りの発光力。この青はドミニカンブルーアンバーのエクセレント・グレードに十分匹敵し得る青。
私のところで年間に数点、出るか出ないか、非常に稀なグレード、品質です。
ジャワ島 ジャワブルー アンバー 11.15ct.撮影条件は写り込んだ光景のように屋内、小さな窓からの自然光と愛用の撮影照明。屋外からの光線を遮断するかのような光環境を作り出しての写真です。
ジャワ島 ジャワブルー アンバー 11.15ct.内部で七彩の色を発している物質、仔細に観察し、多くの事例と照らし合わせた結果、太古のラン科---その花弁が化石化したものと思われます。同様の化石はドミニカで目にしたり、過去にいくつかカットしてきましたので、とりたてて稀少、というわけではありません。
取りも直さず、このジャワブルーの特徴はこの強い発光力と美しい青です。
製作時、内部の花弁化石を損なわないようにカボッションカットすることと、最後の研摩仕上げには結構、難儀しましたが、うまくいったと思います。

連載中の「ダイヤモンドについての追記」今日はお休みです。

商品No.:TW160313
商品名:ナチュラル ジャワブルー アンバー 11.15ct.
原産地:インドネシア・ジャワ島(オールドストック)
加工国:日本
処 理:なし(100%ナチュラル)ソリッド
サイズ: 長さ20.50 x 幅 18.05 x 厚み 10.45mm 背面フラット
カラット数:11.15ct.
カット研磨 : Aquilax.O
ミラーポリッシュ
この商品は完売しました。ありがとうございました。

 - ジャワ島の琥珀 Java Blue