Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

ナチュラル ローンマウンテン ターコイズ 5.70ct.

      2016/06/12

現存する重要な鉱山

ネヴァダ州エスメラルダ、トノパーからそう遠くない位置にあるローンマウンテン鉱山については今更述べるまでもないことでしょう。
この鉱山は現存するネヴァダターコイズの鉱山の中でも重要な鉱山として知られています。

しかし日本でのローンマウンテンに対する価値観=固定観念には少し偏りがあるように思われます。 それはローンマウンテン・ターコイズ=ダークブルーにブラックウェブだけではないということです。

確かにローンのブラックウェブは美しい。1930年代から40年代のローンの石はランダーブルーと並び得るネヴァダターコイズの最高峰のひとつです。 しかしそれだけがローンマウンテンの全てでしょうか? 違います。

ローンマウンテンのカラーレンジは本来、明るいクリアーブールーからダークブルーまであり、一般的に知られてきた青よりはるかに広い。
特に淡く鮮明な青が日本市場には投入されていないように思われます。
ローンマウンテンの青も多くのトップグレード、ハイグレードに位置するアメリカンターコイズの例に洩れず、やはり繊細なブルーレンジの世界であることに変わりないわけです。

耐性ある青

ローンマウンテンはその堅牢な石質が生み出す夢のような透明感に溢れた青、しかも色が変わりにくいということでも稀少なターコイズのひとつです。
美しい青が長年空気中のガスや紫外線によって色褪せたり変色したのでは折角の夢も台無しになってしまう。だからといって、安定化だけの目的でプラスティックやアクリルといった樹脂を高圧で浸透させたのでは、いくら研磨しても天然の豊かな奥深さからは程遠い、樹脂のノッペリした色艶しか得られません。プラはあくまでもプラです。

エンハンストの意味

私は人口による組織改変のすべてを否定するというわけではありません。唯一受け入れらる手法が銅イオンによる電気的処理エンハンストと呼ばれる処理方法です。正しいエンハンスト処理技術を持つ所は極めて少なく、具体的手法は企業秘密となってます。
勘違いしてはならないこと、正しいエンハンスト処理とは染めたり樹脂コーティングしたりといったチャイナエンハンストとは全く違う。
天然石の素性を変えることなく、安定化させる。これが本来のエンハンスト処理です。
石の中には樹脂などを一切混入させない、ということです。

驚いたことに、エンハンスト処理の際に染料を混入させ石の色を鮮やかにさせる、などといった説明があるようですが(このようなことがネット上に書かれていたが、どうだろうか?といったご質問は何度となく寄せられてきました)。それは先ほど述べたとおりです。
アリゾナ、ネヴァダ、ニューメキシコのそれぞれ信頼できる原石業者からは、正しいエンハンスト処理というのは高度な技術と設備を要するため、経費がかさむとの統一した返事を得ました。
ですので、エンハンスト処理をした石、-----例えばスリーピングには非常に多い-----は天然のトップグレードと変わらない、あるいは10%-20%ほど高いグラム単価が設定されていることも珍しくありません。ここでは処理石=安価、ではなく反対に高価だということです。
まあ、機会があれば取り寄せてカット研磨し、しかるべき鑑別機関に出してみようかと考えています。

さて今日リリースの「ナチュラル ローンマウンテン ターコイズ 5.70ct.」に戻ります。
素材となった原石については以前にも触れました。ご興味のある方はご参照ください。
ハイグレード・ローンマウンテン・ナチュラル・ターコイズ 4.05カラット
この青の非常に微妙な階調。先ほどのキャッスルドームと比べると、微かなグリーン、柔らかな赤味が溶け込んでいるということでしょう。その違いは現物を手にすると明らかです。 商品No.:TW160331B
商品名:ナチュラル ローンマウンテン ターコイズ 5.70ct.
原産地:ネヴァダ州 1990年代=ビンテージ
加工国:日本 処 理:なし(100%ナチュラル)バッキング
サイズ: 長さ11.78 x 幅 10.67 x 厚み 6.17mm 背面フラット
カラット数;5.70ct.
カット研磨 : Aquilax.O 超精密ミラーポリッシュ
この商品は完売しました。ありがとうございました。

 

 - ローンマウンテン