Twilight

白日の喧噪が薄らぎ万物がその形姿を背景に溶け込ませる日没時、 今日を振り返り、明日に思いを馳せる。
窓に明かりが灯り、会話が始まる。
明日も良い一日でありますように.......。
Stone cutter (鉱物研磨職人) Aquilax O

GEM スリーピングビューティー ターコイズ 6.10カラット(更新)

      2016/11/23

1950年代ビンテージ GEM スリーピングビューティ ターコイズ 6.10カラット

昨夜から今日の午前にかけてほぼ同じような内容で複数のご質問を頂きました。すでにメールでご返事を差し上げましたが、同じようなご質問をお持ちの方もいらっしゃるのではないかと考え、このページでご説明することにいたしました。 ご質問の内容を要約すると
「スリーピングビューティ6.10カラット」と3月31日リリースの「キャッスルドーム ターコイズ7.90カラット」との違いについてです。

キャッスルドーム7.90ctとスリーピングビューティ6.10ct.、共に鉱山同士が近く地層が酷似していることから、兄弟のように似た要素の多いターコイズです。
石質は共にグレードの低いものから高いものまで産出されました。低いものが全体の約9割。これらは樹脂による浸潤処理がされています。 スタビライズド、あるいはエンハンストと呼ばれる処理です。
私の所では処理の必要性のない高品質な天然ターコイズだけを買い付け、カットしています。国内の信頼性の高い鑑別機関から鑑別書を取得できます。

キャッスルとスリーピングの大きな違いはむしろ鉱山の規模だったと言えます。キャッスルは小さな鉱山でしたので、市場に出ることはほとんどありません。スリーピングは大規模な鉱山として有名でした。しかし両鉱山はすでに閉山してしまいました。

キャスルのナチュラル原石は今後入手はほぼ絶望的です。リリースに至ることはまず無いでしょう。
スリーピングのナチュラル原石も既に入手が極めて困難になりましたが、古くからお世話になっている現地ディーラーを通じてまだ買い付けられる可能性があります。

この2石の違いはブルーの極めて微妙な色調です。キャッスルはスリーピングと比較すると僅かにグリーンが溶け込んでます。ペルシャターコイズのロビンスエッグブルーに近い青です。この色の違いは含有する亜鉛やアルミニューム成分の量によります。 専門的な話になりますが亜鉛やアルミ成分が多くなると一般に石は固くなります。たしかにスリーピングよりキャッスルの方が気持ち硬かったと感じました。
もう一点記すべきことがあります。「キャッスルドーム ターコイズ7.90カラットに記述しましたようにキャッスルにはパイライト(黄鉄鉱)の結晶が見られます。パイライトが入ったターコイズには多くのファンがいらっしゃいます。これは好き嫌いの問題でしょう。

結論です。
ブランド性のスリーピング、稀少性のキャッスル、ということになります。
スリーピングがヨーロッパで圧倒的な人気を誇っているのも、ブランド性が持っている「宝石」としての価値です。ティファニーなどで昔から多用されてきましたが、他にもイタリアン・コンテンポラリーデザインやフランスの幅広いデザインに取り入れられています。
今後スリーピングのナチュラルはまだまだ高くなります。ちなみに国内で純天然を探すことはかなり至難だと思います。

過日、大きなサイズ(注)のスリーピングという問合せに納期期限ということもあり(原石から大きなサイズのフルオーダーカットの場合、2ヶ月は必要です)御徒町の数十の業者虱潰しに問合せをしましたが、「天然のスリーピング・ビューティターコイズ」はゼロでした。

共にジュエリー用としてカットしてありますので、リング、ペンダントトップ、ブレスなどに加工できます。またご希望のデザインでのフルオーダーも可能です。



(注):一般に大きなサイズとは30mm x 40mm、70 - 80カラット以上のオーバルカボッションなどを指します。

 

 - スリーピングビューティー